名前 工藤 志織 (くどう しおり)
呼び名 おりこ
誕生日 6月5日
入団期 17期
音楽 広報 ショー
Alumnaeでやった役、作品 17th 1789/ソレーヌ・マズリエ イヴ・コルディ
やってみたい役、作品 レミゼラブル ミスサイゴン オペラ座の怪人
好きなorオススメミュージカル

スカーレットピンパーネル

17th
への抱負
勇気を振り絞って入団を決めさえすれば私も憧れの舞台に立つことが出来る…。
しかしそれは違いました。

私は美女と野獣の本番直前に大きな怪我を経験しました。
お気づきの方もいらっしゃったと思いますが、美女と野獣と1789のワークショップ両組、多数のショーにも出演することは叶いませんでした。

いつ治るか分からない怪我を抱えた自分。
1年目である上に更に遅れをとる自分。
団員でありながらいつまでたっても舞台に立てない自分。


どん底の状態が続きました。


しかしそんな私を立ち直らせてくれたのも、やはりアラムニーの存在です。
生半可な気持ちで入団を決意した訳では無いことを改めて思い返し、まだ何もしてないのにこんなところで舞台に立つことを諦めきれるわけない、と。

「本公演に出たいと決めたなら、全力でサポートする。どれだけ復帰に時間がかかっても、最後まで練習に付き合う!」と励まし続けてくれた先輩方。
色々と不安だった私を、たくさんの笑顔でいつも支えてくれた同期のみんな。

苦しみの中に、たくさんの希望が宿りました。どこまでできるかわからないけれど、この逆境から這い上がってみよう……私はミュージカルがしたい!
この限りない想いと沢山の方々の支えが、私を強くさせてくれました。


想いが届いたのか…怪我は信じられないほど驚くべき早さで回復をとげ、あろうことか今はすっかりと練習に参加出来ています(笑)
本公演が終わるまで気は抜けないものの、練習に当たり前のように参加できており、とっても幸せです。


舞台に立つことは決して当たり前でないことに気がつきました。
元気な体があること、仲間がいること、練習場所があること、公演場所があること…などキリがありませんが、いくつもの小さな奇跡が折り重なってアラムニーの舞台は作られているということを実感しています。


小さな奇跡たちを胸に…必ず本公演の舞台には立ちたいと思っています!
是非会場へ足をお運びください!


back