名前 萩原 舞(はぎわら まい)
呼び名 はぎ
入団期 10期
演技 衣装 舞台美術(長)
Alumnaeでやった役、作品 10th AIDA/ロハ
11th ファントム―オペラ座の怪人/リシャール 私服警官1
12th レ・ミゼラブル/テナルディエ バオレル
13th EVITA/ホアン ギルバート
18th 屋根の上のバイオリン弾き/ラザール ニコライ
19th Never say goodbye/ジョン ホアキン
好きなorオススメミュージカル RENT HAIRSPRAY ロミオとジュリエット
本公演への意気込み NeverSay Goodbye

高校生の時に先輩たちが作り上げた舞台を見て、アラムニーに入団してからもどんな思いで作り上げたのかを聞いていた作品。

先輩たちの情熱は十分すぎるほど受け取っていたけど、肝心の題名がどうしてこの言葉なのか未熟だった私は理解できずに年月が過ぎ去っていました。

まさかネバセイに自分が取り組むことになるとは思ってもいなかったけれど、今になってやっとNeverSay Goodbyeの意味がわかりかけてきたような気がしています。

物理的に離れることなど関係ないくらいの強い絆があるからこその言葉。

かけがえのない友や愛する人と別れることは自分の人生にも今後絶対に起こり得ること。
そんな時NeverSay Goodbye と言える気持ちでいられる生き方をしていきたい。

作品を研究していく中でこんな想いを抱くようになりました。
私にとってはそんな生き方のスタート地点としてこの作品があるのかもしれません。

お客様の心に
NeverSay Goodbye
が、どのような言葉として響くのか

きっとお一人お一人それぞれの意味になるのではないかとおもいます!


たくさんの方々に支えられていることへの感謝を胸に、千秋楽の幕が降りるまでこの作品の広がりを楽しみながら進んでいきたいとおもいます。


back