2005/02/20 前橋市民文化会館大ホール
2005/03/06 太田市民会館 大ホール
2005/03/20 群馬県みかぼみらい館大ホール

⇒キャスト表はこちら

―あらすじ―
時は19世紀フランス。パンを一切れ盗んだ為に、19年もの獄中生活を送ったジャン・バルジャンは、
仮出獄許可証を手に自由の身となるが、温かい救いの手を差し伸べてくれた司教の銀の食器を盗んでしまう。
しかし、その司教の愛に満ちた態度に触れ、バルジャンは”正しい人”として神を信仰する新たな人生を歩む決意を固める。
8年後、彼は市長の身分を得ていた。そして、経営する工場で働いていた薄幸の女、ファンティーヌの忘れ形見
コゼットを娘として育て始める。
さらに時は流れ、パリは貧困を喘ぐものたちで溢れかえっていた。世の中を変えようと革命に闘志を燃やす学生たち。
その一人、マリウスは美しく成長したコゼットと一目で恋に落ちる。
マリウスに恋焦がれるテナルディエの娘エポニーヌは、切ない想いを抱きながらも2人を引き合わせる。
だが、テナルディエ率いる悪党一味の起こした騒ぎにより、バルジャンはコゼットを連れて更なる逃亡を決意してしまう。

自由を求めバリケードが築かれた時、全てのものが動き出す。そしてそれぞれの想いを胸に、運命の日はやってきた……。




STAGE PHOTO
 写真をクリックすると大きく表示されます。

back