エガリテ組
 












シャルル・アルトワ伯爵

[ルイ16世の弟で王政の推進者。妖しい魅力の持ち主]

室橋 鮎
1789 楽屋便り 
 
何もかも、
この手の中にあった。

権力、地位、財産、
この国の全て。


…変わろうとしている。

自由を求める叫び声が、
掌からこぼれ落ちる。

.

命をかけて走り抜けた先には、
必ず闇があり、光がある。
本当の自分は、きっとそこにいるのです。

アルトワ伯が
“命をかけた”ものは何なのか。
是非会場でお確かめください。

混沌の闇から革命の産声があがる。
その瞬間まで、あと少し。


⇒Back